スポンサーリンク

ポルトガル語あいさつの基本はこれだけ!「Olá! (オラー!)」

日本語で言えば「やあ!」英語で言えば「Hi」といった意味を持つ、挨拶の言葉です。

こんにちは(Bom dia ボンジーア)、や、こんばんは(Boa Tarde ボアタルデ)、より少し砕けた表現で、どんな時間帯でも使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「Olá!」の発音のコツ

ちなみに英語表記にはない、áの上にちょこんと乗っている「´」は「acent agudo」と言って、そこにアクセントがあることを意味した記号です。

ですので、「Olá! (オラー!)」の場合、発音は「オラー」の「ラー」を少し強めに発音する事になります。

「Olá!」には「Olá!」で

ポルトガル語,あいさつ,オラー,Ola

そして「Olá!(やあ!)」の呼びかけには「Olá!(やあ!)」で返します。

また、使う相手も選びません。かなり目上の人でも、ちっちゃな子供にでも、「Olá!(やあ!)」で大丈夫です。

上下関係の厳しい日本で育った日本人にとっては、近所の子供たちにも「Olá!(やあ!) 」、学校の先生にも「Olá!(やあ!) 」、社長さんにも同じように「Olá!(やあ!) 」と挨拶する事に、ちょっと戸惑うと思います。

ただ、ビジネスメールの書き出しにも、よく「Olá!」が使われますので、軽めの挨拶ではありますが、決して失礼にはあたらない言葉です。

さらに砕けた表現「Oi!(オイ)」

ポルトガル語,あいさつ,オラー,Ola

尚、「Olá!(やあ!)」と同じ意味ですが、それより更に砕けた表現の「Oi!(オイ)」という言葉もあります。

お店で店員を呼ぶときや、道を聞くときなど、誰かに声をかけたいときは、この「Olá!」か「Oi!」のどちらかで大丈夫。「こんにちは、ちょっとすいません」のような意味でも使えます。

ただ、ブラジル人から「Oi?」と語尾が上がって言い返されたときは「Hai?」イコール「何?」と言う意味になります。「え?何?意味わかんない、もう一回言ってくれる?」と聞き返されていますので、そのときは、もう一度言いたいことを伝えてください。

これだけでも仲良くなれる!

このように「Olá!」と「Oi!」はとても便利な言葉です。

フレンドリーなブラジル人は、見知らぬ人同士でも、同じ空間を共にする場合は、もう仲間です。エレベーターやタクシーに乗り込む際も、是非この一言を言ってみてください。既に乗っていた人たちも「Olá!」と必ず返してくれますよ。