スポンサーリンク

屋台でソムタム(パパイヤサラダ)を注文するときに使うタイ語フレーズ

タイ料理でお馴染みส้มตำソムタム(パパイヤサラダ)は、タイ人のソウルフードといっても過言ではありません。もともと、イサーン(東北)地方が発祥ですが今は全国的に食べることができます。

タイに行ったら、やはり本場のソムタム(パパイヤサラダ)を食べたいですね。でもローカルの人たちが良く行くような屋台では、本格的な味が楽しめる代わりに英語は通じません。この記事を参考に、本場タイ屋台のソンタム(パパイヤサラダ)を楽しんでください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ソムタム(パパイヤサラダ)の種類

ソムタム

ソムタムにはいろいろな種類があります。

ส้มตำไทยソムタム・タイ(バンコク風)

タイのソムタムと言う名前ですが、バンコク風という意味です。パパイヤ、干しエビ、ピーナッツ、ミニトマト、ライムなどが入って酸味と甘み、辛さのハーモニーがたまりません。

イサーン地方のタイ人に言わせると、本当のソムタムではない(笑)らしいですが、バンコクっこもみんな大好き、タイ全土で食べられているソムタムです。

ส้มตำปลาร้าソムタム・プラーラー(イサーン風、発酵魚プラーラー入り)

これを食べたらイサーン出身の方に通と言われます。プラーラーは発酵した魚でなかなか独特の香りがあります。

ส้มตำปูソムタム・プー(イサーン風、沢蟹入り):これも通と言われます。バンコクっこはお腹を壊すと言って食べない人も多いですがコクがあって美味しいです。

ソムタムを屋台で注文する方法

まずソムタムをポクポクと臼と杵で作っている店員さんにこういいます。

ขอส้มตำไทย1ที่ 
コー・ソムタムタイ・ヌン(グ)・ティー K 
タイ風(バンコク風)ソムタムを1人前下さい。
ใส่ทุกอย่างサイ・トゥック・ヤン(グ) K 全部(材料を)入れてください。

 *ใส่ サイ -を入れる
 *ทุกอย่าง トゥック・ヤン(グ) 全て

辛いのが苦手な方、おなかが心配な方、先にこう言いましょう。

ใส่พริก1เมล็ด
サイ・プリック・ヌン(グ)・メット K 
唐辛子は一本にしてください。

พริก プリック 唐辛子
หนึ่ง ヌン(グ)1
เมล็ด メット 唐辛子や種などの本数を表す助数詞

全く辛いのがダメな方は、

ไม่ใส่พริก
マイ・サイ・プリック K 
唐辛子を入れないでください。

と言いましょう。

 *ไม่ใส่マイ・サイ(ไม่マイ 否定形+ใส่サイ 入れる) 
入れないでください。

唐辛子について言及しないと、片手いっぱいの唐辛子(5-10本、もっと?)を入れられます。

このタイ人並み(特にイサーン地方の方)の辛さは、激辛を通り越して、口の中が激痛です。またタイ人でも中華系タイ人は辛いのが苦手だったりします。ちなみにタイ在住歴8年の筆者は辛いもの大好きですが、辛味は十分に感じられるので1本とオーダーしています。

また、

ไม่เผ็ด
マイ・ペット K 
辛くしないでください。

ไม่マイ 否定+เผ็ดペット 辛い

ไม่เผ็ดมาก
マイ・ペット・マーク K 
あまり辛くしないでください。

 *ไม่マイ 否定+เผ็ดペット 辛い+มากマーク とても

という言い方も良いですが、タイ人の辛くない=日本人にとって激辛 というパターンが多いので気をつけましょう(外国人が多いエリアは、最初から辛さを控えているレストランもあります)。

お持ち帰りかイートインか

次は持ち帰りか、屋台のテーブルで食べるか。

เอากลับบ้าน
アオ・グラップ・バーン K 
持ち帰りです。

เอาアオ 持つ(英語で言うTake)+กลับグラップ 帰る+บ้านバーン 家

ทานที่นี่
ターン・ティー・ニー K 
こちらで食べます。
 *ทานターン 食べる(丁寧語)+ที่นี่ティー・ニーここで